PROFILE

増田 雅暢 (マスダ マサノブ)

増田社会保障研究所代表

東京通信大学人間福祉学部教授

博士(保健福祉学)

埼玉県蓮田市出身。
東京大学教養学部教養学科(国際関係論分科)卒業。


中央公論社勤務後、シラキュース(Syracuse)大学大学院(政治学)留学。

1981年、厚生省に事務官として入省。主として企画法令関係の業務を担当。
91年~94年、岡山市の民生部長として、岡山市の社会福祉行政に従事。
厚生省では、国民健康保険法の改正業務(88年)や、介護保険制度の企画立案業務に参画(94年~96年)。
1996年~98年、九州大学法学部助教授として、立法学・社会保障法を担当。
98年~99年、厚生省大臣官房政策課政策調査官として、『平成11年版厚生白書』の作成を担当。
その後、国立社会保障・人口問題研究所総合企画部長、厚生労働省統計情報部情報企画室長、国立保健医療科学院福祉サービス部長を経て、
2004年7月から、内閣府参事官として、政府の少子化対策を担当。 『平成16年版少子化社会白書』から3年続けて少子化社会白書を作成。
2007年1月から厚生労働省食品安全推進官。
この間、早稲田大学大学院法学研究科講師等を兼務(社会保障政策論等を担当)。
2007年4月から、上智大学総合人間科学部社会福祉学科教授。
2010年4月から、日本政策金融公庫の国民生活事業本部の生活衛生融資部長

2011年8月から、岡山県立大学教授(保健福祉学部保健福祉学科)

2016年10月から、増田社会保障研究所代表(埼玉県蓮田市)代表

2016年12月から、東京通信大学設立準備室主幹研究員

2018年4月から、東京通信大学人間福祉学部教授

【住所】 〒349-0133 埼玉県蓮田市閏戸790-2
        E-mail masuda24jp
@yahoo.co.jp

 

【研究分野】 社会保障政策論、介護保険制度、少子化対策

 

【主な著書】 

『よくわかる公的扶助論』『(編著、法律文化社、2020)

『介護保険の検証』『(単著、法律文化社、2016)

『逐条解説介護保険法(改訂版)』(単著、法研、2016)

『アジアの社会保障』(編著、法律文化社、2015)

『世界の介護保障(第2版)』(編著、法律文化社、2014)

『年金制度が破綻しないことがよくわかる年金Q&A』(共著、TAC出版、2012)

『これでいいのか少子化対策』(単著、ミネルヴァ書房、2008年)

『社会福祉法入門』(編著、有斐閣、2004年)

『学ぼう!社会保障』(編著、ぎょうせい、2004年)

『介護保険見直しの提言』(単著、法研、2004年)

『介護保険見直しの争点』(単著、法律文化社、2003年)

『介護リスクマネジメント』(編著、旬報社、2003年)

『わかりやすい介護保険法(新版)』(単著、有斐閣、2000年)

Name *

Email *

Subject

Message

© 2016 by Masuda Institute for Social Security.

  • Facebook Black Round
  • Google+ - Black Circle
  • Twitter Black Round